お腹ダイエットだけでなく脚も効果的に部分やせ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 脚やせ > ウォーキング ふくらはぎと第2の心臓について






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウォーキング ふくらはぎと第2の心臓について

心臓と体の中をかけめぐる血液
との関係については
前回の記事でまとめましたね。



まだご覧になっていない方は

脚と心臓と筋肉の深い関係

を見てくださいね!




歩かないと、血液が固まってしまう。



動脈の血液は、
主に心臓にポンプ作用によって
全身に送り出されます。



では、静脈の血液は
どのようにして心臓に
戻るのでしょうか・・・?



静脈血が心臓に戻るには

脚の筋肉が大きく関係しているんですよね!



じっとしている時間が長くなると
脚の血液は動きませんが
血液は、流れていないと固まってしまう
危険があります。


そうなると、
二酸化酸素や老廃物は?

処理できない体になってしまいます。



そこで、ウォーキング!



ウォーキングじゃなきゃ~ダメ
っていうわけではないですよ!

ただたんに、日常生活で多く行っている動作が
歩くこと
ですので、ウォーキングと書いているだけです。


体操でも、エクササイズでもかまいません!



ウォーキングする時って、
ふくらはぎの筋肉は伸びたり縮んだり
しますよね。


筋肉が縮むと
その中にある血液は絞り上げられ
心臓へと流れ出します。


逆に、筋肉が伸びると
脚の下方から血液が流れ込んでくる
仕組みになっているんですね。



つまり、ウォーキングすることで
筋肉が収縮と弛緩みを繰り返し
その結果、血液が心臓に向かって
スムーズに流れるようになります!



このように、ふくらはぎの
筋肉運動によって血液が循環する
作用を

ミルキング・アクション

っていうんですって!



脚が第2の心臓と呼ばれる理由は
このためなんですね。


脚の血液を心臓へと送るためには
ふくらはぎの筋肉ポンプ作用を
バシバシつかっていきましょうね!



ウォーキングについてもう一つ


歩くと、良いアイデアがひらめく

ってよく聞きますよね。



これって根拠があるんですよ。



脚を動かして、血液を促進し
脳に新鮮な血液を送り込めば
頭の働きがを活性させることができます!



脳細胞は、体の中で最も多くの酸素を
必要とする細胞。


ここで、血液循環チェック!



あなた、の生活を振り返って

よく

あくびがでますか?

ボーっとしていることが多いですか?




何もしていない時に比べて
ウォーキングをしている時は
30~50%も多くの
血液を供給されていることが
分かっているんですって。



もし、あくびがよくでたり
ボーっとしてしまうことが多い方は
脳細胞に酸素が不足している証拠。


ベートーベンは、散歩しながら
作曲のアイデアを
ひねりだしていたそうです!

どんどん脳に血液を流して
ベートーベンのように
毎日楽しくするアイデアを
ひねりだしていきましょうね!(笑)



◆ 関連記事


足の指先と足首 若さ自慢

効果のある下半身ダイエットウォーキング


マーヤンプロフィール
↓↓↓↓
プロフィール

連絡先:oasismel7@yahoo.co.jp
(質問・感想などありましたらご連絡
 ください!!)

トップページに戻る
効果的 わがままダイエット│太もも お腹 二の腕
脚やせ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。